男の人

難しい手続きは全て司法書士に依頼するべき

相続税で損をしないために

男の人

専門知識と経験で選ぶ

相続税申告はマニュアルに従って必要事項を書き込んでいけば、素人でもそれほど難しい仕事ではありません。しかし親族の間で相続に関して揉めていたり、財産の評価に難しい点があったりするときは、税理士に依頼するほうが得になる場合があります。特に平成27年からは相続税が実質増税になり、これまで課税されなかったケースでも相続税申告の必要が出てきたため、税理士を利用すべき機会は従来より多くなっています。ただし税理士なら誰でも相続税申告が得意というわけではないので注意してください。多くの税理士は法人や個人事業者の所得税の申告を主な業務としており、相続税申告を取り扱った経験がほとんどない場合もあります。そのような税理士に依頼すると、素人が申告したときに比べても節税効果は期待できないでしょう。とりわけ不動産の評価に関しては、変形地・広大地・傾斜地などさまざまな規則があり、精通しているかどうかで納税額に大きな差がつく可能性もあります。ネットなどを利用して、これまで相続税申告を行った実績を調べ、できるだけ経験豊富な税理士を選ぶことが大切です。また税理士報酬にも着目する必要があります。相続税申告に関しては、以前は全国一律の報酬が適用されていましたが、現在では報酬額は税理士が自由に決めてよいことになっています。せっかく節税しても、多額の報酬を取られては本末転倒ですから、明確かつ安価な料金体系を設定している税理士を選びましょう。